黒酢の飲み方をご紹介

 

黒酢は健康に欠かすことのできない必須アミノ酸が含まれた健康食品として非常に有名ですが、必須アミノ酸が含まれているからといって大量に飲めば良いというものではありません。

 

黒酢は刺激物なので飲み方に注意が必要です。

 

そのまま飲むよりも、健康と美容を重点するならば何かと一緒に飲む方がおすすめです。胃に負担がかかってしまい逆効果になりかねません。

 

黒酢の主成分は酢酸なので、飲み過ぎると大量の酸が喉や胃の粘膜に負担をかけてしまい病気になってしまいます。黒酢の原液は濃度が高いので、必ず薄めて飲むようにしてください。

 

黒酢の飲み方によって副作用が出たりする事は無いのでご安心ください。黒酢の摂取目安として1日辺り約30mlと目安とし、あまり過剰に飲み過ぎてしまいますとめまいを起こしてしまったり体調不良になりかねません。

 

実は糖分もやや多く入っています。そのため飲み過ぎたら摂取カロリーも高くなってしまいますので注意が必要です。もし体調不良を起こしてしまった際はすぐに中断して下さい。

 

黒酢は継続的に飲まれた方が効果的で、ダイエットなどしている方はできれば毎日飲む方が良いです。

 

また飲むタイミングも重要で、おすすめは食後に飲むと吸収率がよく効果的です。できれば空腹時は出来るだけ避けた方が無難です。黒酢の成分表示もよくチェックし、アミノ酸が豊富な黒酢だとなお良いでしょう。

 

黒酢をジュースと割って飲む場合は炭酸でも良いですし、りんご、ぶどう好みにあったものにしましょう。

 

黒酢20gでしたら水は100g入れると良いです。飲むヨーグルトにして飲むと飲みやすい人もいらっしゃいます。またサプリメントもおすすめです。

 

>>黒酢サプリおすすめランキング

 

黒酢を飲むタイミングとは?

黒酢,飲み方

 

黒酢を飲むタイミングですが、黒酢には食欲増進の効果もあり、食前に飲むと食事を摂り過ぎてしまうというデメリットが生まれます。

 

黒酢を飲んだ後の歯は、黒酢の酸で溶けてしまうので、飲んだ後には歯を磨くことをおすすめします。

 

これらのことから、黒酢の飲み方、飲むタイミングは、寝る前がベストです。

 

適量の黒酢をしっかりと薄めた状態で、夕食を摂り、胃の中に食べ物が入った状態で黒酢を飲んだ後に歯磨きを行ってください。

 

黒酢の美味しい飲み方とは?焼酎の相性は抜群!!

黒酢,飲み方

 

黒酢の適量と飲むタイミングが分かったら、次に気になるのは黒酢の美味しい飲み方です。

 

黒酢を飲む最適なタイミングは、夕食後から就寝前の時間。この時間に飲むのであればお酒が飲みたくなるのではないでしょうか?

 

黒酢は健康とダイエットに効果のある飲み物なので、一緒に飲むお酒も健康とダイエットに効果がる焼酎がおすすめです。

 

焼酎にはアントシアニンというポリフェノールが含まれており、血液をさらさらにするデトックス効果があります。

 

そして、アルコール=カロリーと思われがちですが、焼酎は蒸留酒なので糖質が少なく、低カロリー。

 

そんな黒酢と焼酎を美味しく飲むためのレシピをご紹介します。

 

焼酎の黒酢割

 

焼酎をお湯割りにした後に薄めた黒酢を適量注ぐと、焼酎の梅割りのような酸味が楽しめる、焼酎の黒酢割のできあがりです。

 

黒酢サワー

 

氷を入れたグラスに炭酸水を2/3注ぎ、薄めた黒酢と焼酎を1:1で適量注ぐと、炭酸の爽やかさと黒酢の酸味が楽しめるサワーのできあがりです。

 

こちらはりんご黒酢、ざくろ黒酢などでサワーを作れば甘い味のサワーのできあがりです。

 

焼酎&カシ酢豆乳

 

氷の入ったグラスにカシスを15ml焼酎を30ml注ぎ、黒酢を10mlプラスして豆乳で満たす。

 

これら以外にも、焼酎の醸造元が造る黒酢のお酒も販売されており、こちらは既に焼酎と黒酢がブレンドされているので、ロックや水割り、お湯割りなどをより気軽に楽しむことができます。